洛西口駅、桂川駅エリアの皮膚科「医療法人はやし皮フ科クリニック」

ホーム > お知らせ

お知らせ

京都府に緊急事態宣言が出ている間 LINEで初診のオンライン診療(遠隔診療)をしています。

公開日:
2020年04月19日

新型コロナウイルス感染蔓延による特別措置として
疾患制限なく、初診からオンライン診療(遠隔診療)ができるようになりました。

当院もオンライン診療を開始いたしましたが、現在京都府の緊急事態宣言が解除されましたので一旦終了しております。


オンライン診療といいましても、決して難しくはありません。パソコンもいりません。スマホでできます。

LINEでビデオ通話をして近くの薬局でお薬をもらうだけです。


◎メリット
・3つの密(密閉、密集、密接)がそろうクリニックの待合室に行かなくてよいので
新型コロナウイルスの感染リスクが無い
・クリニックでの待ち時間が無い
・移動時間がない
・移動による感染リスクがない
・寝たきりの人も施設入所中の人も受診できる
・外出せずにすむのでマスク、消毒液の消費をおさえられる
・離島でもどこでも受診できる
・天候に左右されない
・オンライン決算でお金の受け渡しが無く、接触感染のリスクが無い
・発熱していても、風邪の症状があっても、味覚がなくても、嗅覚がなくても診察を受けられる(薬は配送必須)
・新型コロナウイルスに感染していても診察を受けられる(薬は配送必須)
・LINEを使用するので利用手数料、振込み手数料0円です。(大手オンライン診療専門業者は手数料がかかります)

◎デメリット
・検査ができない:初診の水虫は検査が必須です。水虫はみれません。
・処置ができない:いぼは貼り薬を処方することしかできません。膿がたまった皮膚の感染症に対して切開することができません。
・皮膚にさわれない:肌の質感や温度から診断に結びつくこともあります。診断精度はどうしても落ちます。
・肉眼より画質が落ちる:LINEのビデオ通話の画質で診断することになります。診断精度はどうしても落ちます。
・LINEおよびLINE Payが使えないとできない:お年寄りには難しいと思います。家族の人が手伝ってあげてください。
・混むかもしれない:初の試みでどれだけの申し込みがあるかわかりません。お待たせするかもしれません。

以上のメリット、デメリットをよくご理解いただいた上で希望の方はご利用ください。


●初診  
・条件:LINEおよびLINE Payが使える方
処方箋は7日分しか出せません

オンライン診療をうける方法

■「LINE」というアプリをスマホに入れて、登録します。

■LINE Payの送金機能を使ったことがない方は本人確認が必要です。送金ボタンをおしてください。
その後、案内画面に移りますので銀行口座登録あるいは運転免許証あるいはマイナンバーカードを写真でとって
本人確認をお願いします。写真の場合数日かかるようです。あらかじめ準備ください。
ピントがあっていないと確認できないこともあります。
銀行口座登録の方が確実で早いですが、登録できる銀行が限られています。信用金庫はできません。
登録できる代表的な銀行:みずほ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、イオン銀行、じぶん銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、京都銀行、滋賀銀行

**本人確認ができておらず入金できない人がおられます!!**
必ずあらかじめ本人確認をしておいてください!!
入金ができないと処方箋がFAXできません。処方箋は4日できれます。

■ウォレットのLINE Payにチャージをしておいてください。

電話等を用いた初診料:2140円 処方箋料:680円 合計2820円の3割:最低でも850円はかかります。

年齢や処方内容によって加算がつき、それ以上かかることもありますので、あらかじめ1000円程度は準備しておいてください。
余ったお金はコンビニなどで支払いに使えますので損はしません。 

チャージの方法はこちら

銀行口座登録あるいはコンビニでチャージするができます。

Visa LINE Payクレジットカード というクレジットカードも4月下旬より申込できるようです。

◎◎当院にオンライン診療を申し込む前に一度家族同士で1円送金しあってみてください。

■保険証および医療券、お薬手帳の直近の処方薬、病変部(症状のある皮膚)をカメラで撮っておきます。

病変部の写真は部位、分布がわかるように遠目からの写真と、皮疹がはっきりわかるような拡大写真を撮ってください。
ピントがあうように注意してください。
ビデオ通話の画質より、写真の画質の方が圧倒的によく、診断しやすくなります。

■当院受診歴がない方は当院のホームページから登録票問診票をプリントアウトして記入し、カメラに撮っておきます。

■処方箋を取りに行く薬局を決めておきます。必ず処方箋薬局を選んで下さい。

3つの密を避けるためのオンライン診療ですので、家の近くの空いている薬局を選択してください。
ただし、当院が処方する薬の在庫が無い場合があります。入荷に数日かかるかもしれません。

薬局名とともに支店名も確認しておいてください。

配送希望の方はあらかじめ薬局に配送を実施しているか確認してください。

■はやし皮フ科クリニックを友達登録してください。

LINE ID: hayashihifuka



■名前と生年月日、電話番号、当院受診歴の有無(有の場合、当院IDも)、希望診察日時、受け取る薬局・支店名をメッセージで送ってください。

■保険証、登録票(受診歴ない方)、問診票(受診歴ない方) 、お薬手帳、病変部の写真をLINEで送って下さい。

■診察予定時間が近づきましたら保険証、お薬手帳を手元に置いてお待ち下さい。

■当院からLINEのビデオ電話の着信があるので、とってください。割り込み防止のため患者様からの着信はとりません。

最初は音声だけですが、「ビデオ」というボタンを押すとビデオ通話に切り替わります。 

■まずはお互いに本人確認をします。

当院からは院長の医師免許証と運転免許証をお示しします。提示のない場合はなりすましかもしれません。すぐに通話をお切り下さい。

その後保険証をお見せください。

■診察を開始します。

■終了後診察料を請求しますので、LINE Payでお支払い下さい。

■支払い確認後、処方箋を指定いただいた薬局にFAXするので、診察日をあわせて4日以内に取りに行ってください。

配送希望の場合は薬局と相談してください。
*新型コロナに感染している、あるいは疑い、濃厚接触、海外渡航歴がある人は配送が必要です!
薬局によっては配送の対応がないこともあります。
また、別途配送料がかかる場合があります。
詳細は薬局に確認してください。

■領収書、明細書はLINEで写真を送りますが、原本が必要な方は新型コロナが落ち着いてから取りに来て下さい。

郵送が必要な方はその旨お伝え下さい。LINE Payで郵送料84円請求いたします。


●再診

■電話で処方箋を発行することができます。詳細はこちら

■以前と症状が違う人、薬を変更したい人、以前診察してから時間が経っている人は診察が必要なので、
初診の方と同様にLINEを使用してください。


申し込み対応時間

平日  
午前  9:00 〜 11:00
午後 16:30 〜 19:00

土曜日 
午前  9:00 〜 11:00
*木曜日、日曜日、祝日は対応いたしません。

実際の診療時間は当院の対面診察の合間になります。
希望の時間からは前後することがあります。
特に混む土曜日などは対面診察終了後になる可能性が高く、12時〜13時頃になることが多いと予想されます。

◎当院のオンライン診療は、新型コロナウイルス感染蔓延による特別措置のため可能になっております。

 新型コロナが落ち着けば、オンライン診療は終了いたしますので、予めご了承ください。

一覧はこちら